火災保険が適用された外壁塗装の経緯と施工内容

施工から3年が経過していますが綺麗なままの状態

2階建て戸建て住宅 / ストレスも感じずに住宅の見栄えを大きく変えることができました / 施工から3年が経過していますが綺麗なままの状態

以前は濃い緑色の外壁でしたが、今回は薄いオレンジ色の外壁に塗ってもらえたので、イメージチェンジという部分でも非常に良い作業になったことは喜ばしいことでした。
最初は半信半疑でしたが、リフォーム会社への支払額は、屋根塗装部分で10万円という安さにしてもらえ、後はリフォーム会社側で保険会社に提出する書類一式を全て整えてくれたので、非常に助かりました。
書類には破損した部分の写真と全体的な写真、完成後の写真も資料として入っており、完璧な請求を行ってもらうことができたので、不具合や面倒な作業は一切必要としなかったこともメリットに感じています。
自腹で依頼をした屋根塗装もタイミング的には良かったと感じていて、屋根の塗料が古くなると雪の滑りが悪くなるので、今後は長期間にわたって問題は起きないと判断することもできました。
外壁塗装はこれまで何度もリフォーム会社に依頼した経験はあるものの、火災保険適用での施工は初めてだったので、我が家の家計を考慮しても非常にお得です。
喜んでいてはならないことではあるので、今後は穴が開いてしまうことが無いように、該当箇所をカバーできるように、コンパネを購入し、冬の期間に入る前にはコンパネを外壁に立てかけて春を待つという工夫を施していて、施工から3年が経過していますが綺麗なままの状態を保っています。